状態の良い卵子を多数冷凍保存すること

晩婚化等により、年々不妊治療を受けるカップルが増えてきています。
少しでも妊娠という成功へ結びつけるために、日々クリニックへ通ったり、時には心身ともに辛い治療を受けたり、高額な治療費に悩まされたりすることがあります。
高度不妊治療と呼ばれる体外受精または顕微授精を受けるカップルも急増しています。
ただし、治療を受けたとしても授かれるかどうかは、一回の治療に当たり約30%と低い確率です。
体外受精・顕微授精をする際に必ず、卵子を採取しないといけないのですが、採卵方法によって卵子の数に大きな差を出してしまいます。
妊娠の秘訣は、できるだけ多くの卵子凍結を行うことです。
状態の良い卵子を多く保存しておくことで、子宮内への移植の機会を増やすと同時に妊娠率を上げていくことができます。
女性側に心身的な負担がかかる卵子凍結を行う際は、自然周期に合わせた採卵法ではなく、排卵誘発剤を使用したロング法・ショート法を用いた方法で、一つでも多くの卵子を取ることで妊娠のチャンスを増やしていくことができます。
特に高齢と呼ばれている年代のカップルが、体外受精等にチャレンジする際は上記の方法で卵子凍結をすることで、妊活を卒業することができます。

>